武器の最近の記事

蜻蛉切(とんぼぎり)とは?本多忠勝の槍

蜻蛉切(とんぼきり)は、戦国時代の徳川家康の家臣、本多忠勝(ほんだただかつ)が愛用したと言われる、槍(やり)の事です。
作者は、三河文珠派とよばれる藤原正真です。

天下三名槍(てんかさんめいそう)の1つで、その切れ味がすさまじかったと伝えられています。

天下三名槍とは
・御手杵(おてぎね)
・日本号(にほんごう)
・蜻蛉切(とんぼきり)
の3つです。

蜻蛉切という名前の由来は、戦場で槍を立てていたところ、槍の穂先に止まろうとして飛んできた蜻蛉が、あまりの槍の切れ味に、当たって二つに切れたことから、蜻蛉切りという名前がついたとされています。

また、大きさも通常の槍はより大きかったとされ、普通の槍は4.5メートルほどであるが、蜻蛉切りは柄の長さが6メートルあったといわれています。

現在では、愛知県岡崎市の岡崎城内施設に、模造品が展示されています。

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真