宮城県の民芸品|工芸品の最近の記事

堤人形(つつみにんぎょう)
伊達政宗公が江戸時代に産業活性の為に奨励した人形制作である。仙台藩に支援をうけた窯場と、堤町に住む下級藩士の制作で作られていた。
現在では芳賀家の工房だけがのこり、この伝統をつたえています。
こちらの人形は相撲取りの谷風
江戸時代に活躍した、横綱 谷風梶之助(たにかぜかじのすけ)という相撲取り。

画像:堤人形(つつみにんぎょう)写真
画像:堤人形(つつみにんぎょう)写真 谷風

画像:堤人形(つつみにんぎょう)写真 谷風
画像:堤人形(つつみにんぎょう)写真 谷風後ろ姿

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真