こけしの最近の記事

こけしの写真達

| コメント(0) | トラックバック(0)
こけしの写真達をならべてみました。

こけしの写真 わっかのはいっているもの
なにかの輪のようなものにはいっているこけし。

こけしの写真 わっかのはいっているものうしろすがた
それの後ろ姿の写真。以外とかわいいもんですね

こけしの写真2 気の強そうなこけし
ちょっと気の強そうな顔つきのこけし。衣装がリアルなかんじで、実際の農村の娘みたいな感じの服装をしたこけしです。

こけしの写真 やさしそうなこけし
優しそうな顔のこけし。

こけしの写真 ふとったこけし
ふとったこけし。1つ上の写真とくらべると顔の大きさがかなりちがいますね。顔の表情からモデルは赤ちゃんとかんんでしょうか。

こけしの写真
にこにここけし。笑顔がよいかんじのこけしです。

鴨の玩具【木地玩具】

| コメント(0) | トラックバック(0)
木地玩具:鴨の玩具
木地玩具とは「こけし」などをつくる木地師がろくろ「轆轤」でつくる玩具をいいます。
下の写真の鴨の車なども轆轤でつくられているため各パーツが丸いのが特徴です。

画像:木地玩具鴨の玩具
画像:木地玩具 鴨の玩具
「えじこ」という言葉は聞き慣れないとおもいます。あまり知っている方もいないのでは?

「えじこ」「嬰児籃」とかきます。
「えじこ」とは東北の農家のお百姓さんが畑仕事などの農作業をしている時などに、自分の赤ちゃんをかごの中にいれておき、出歩いたりしないように保護していた、赤ちゃんをいれておく藁で編んだ籠のことです。

外に持ち出せる円形のベビーベット?もしくは、ゆりかご?(揺れたりはしませんが)のようなものといえるかもしれません。
この「えじこ」に赤ちゃんがはいっている姿を、木彫りの人形としてつくられたのが「こけしのえじこの人形」です。
こけしと供に、とてもかわいらしい姿をしているため、この姿が人形にも採用されたのでしょうか?

えじこ、えじこの人形、えじこのこけし人形

こけしのえじこ人形
こけしのえじこ人形画像
赤ちゃんの胴体のぶぶんが球体になっており、くるくる動くしくみになっています。

こけし人形、えじこ写真
こんな、えじこの玩具もあるようです
上の赤ちゃんの顔の部分が蓋になっておりそこをとりはずすと、なかなら小さなこけしがでてくる仕掛けなっています(下の写真参照)
子供が遊ぶものとして、かわいらしいく作られているのかもしれませんね。

こけし人形 えじこ写真
中には小さなこけしが3つはいっています。


こけし(小芥子)は、江戸時代末期頃から、主に東北地方の温泉地になどで、湯治客などを対象に土産物として売られるようになった木製人形のこと。玩具のお土産として発祥したもので、子供の成長と共に、こけしに墨や、染料で目、鼻、口、模様を描いていくものだったようだ。子供はこれを背負ったり、抱いたりしてかわいがるものだったようである。
幼児が握り易いよう首が細くできている、また、胴体も子供の手で握れるような直径である場合がおおい。
今は大人の鑑賞用に発展しており、収集家も多い。今日玩具の収集などをする人も多いが、こけしは大正時代のころから趣味人が好んでこけしを蒐集するような人がいた。都会などでも(東京、名古屋、大阪)にこけしを集める蒐集家の集まりが出来ていたようである。

こけしの写真
画像:こけしの写真

IMGP0158.jpg

こけしの名称
こけしの名称は、各地によって異なる。木偶(でく,きでこ、でころこ、でくのぼう)、這子(ほうこ)、(きぼこ、こげほうこ)、芥子(けし)(こげす、けしにんぎょう)などがある。

主なこけしの系統
こけしは産地により形などがことなり系統が存在する。
土湯系(土湯温泉、飯坂温泉、岳温泉・福島)
弥治郎系(白石市弥治郎・宮城)
遠刈田系(遠刈田温泉・宮城)
鳴子系(鳴子温泉・宮城)
作並系(仙台市、作並温泉、山形市、米沢市、寒河江市、天童市・宮城・山形)山形作並系ともいう。
蔵王高湯系(蔵王温泉・山形)
肘折系(肘折温泉・山形)
木地山系(木地山・秋田)
南部系(盛岡、花巻温泉・岩手)
津軽系(温湯温泉、大鰐温泉・青森)温湯系ともいう。

IMGP0153.jpg



サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真