番傘、日本の笠【日本の工芸品】

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本に笠がはいってきたのは欽明天皇の時代に、中国大陸から朝鮮半島西岸勢力の百済を経由して伝来した輸入品目であり、導入当初から「唐傘(からかさ)」と呼称されたようです。

画像:番傘、日本の笠の写真
画像:番傘、日本の笠の写真

和傘はおもに竹を材料として軸と骨を製作し、傘布に柿渋、亜麻仁油、桐油等を塗って防水加工した油紙を使用しています。
和傘には種類があり、番傘(ばんがさ)、蛇の目傘(じゃのめがさ)、端折傘(つまおれがさ)などいくつかあります



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真