南部鉄器、鉄瓶(てつびん)【岩手県の民芸品|工芸品】

| コメント(0) | トラックバック(0)
南部鉄器、鉄瓶(てつびん)は、岩手県、盛岡に伝わる鉄器の鋳物のことです。
慶長年間(1596年-1615年)に盛岡藩主であった南部(なんぶ)氏の庇護の下、有坂家、鈴木家、藤田家、釜師小泉家という4家によりこの鉄器がつくられはじめました。
明治時代には展覧会などで入賞し名声を得て全国に名を知られるようになりました。

画像:南部鉄器、鉄瓶写真
画像:南部鉄器の鉄瓶写真
黒い色の重圧感があり非常に重みがありますね。

画像:南部鉄器、鉄瓶写真2
画像:南部鉄器の鉄瓶写真2

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真