雛祭りの雛人形(ひな人形)

| コメント(0) | トラックバック(0)
ひな人形とは3月3日の雛祭りに使う時の人形です。
雛祭りの起源は平安時代、京都宮中で貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていたというのがこの雛祭りの由来だそうです。ただしこの時はあくまでも「遊びごと」で、儀式のような物ではなかったようです。

雛祭り|ひな人形の写真
写真:ひな人形の民芸品

平安時代に由来するこの雛祭りは江戸時代になって、女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国的に広まり、ひな人形が飾られるようになりました。
この時代は、災厄をこのひな人形に身代りさせるという意味合いで行われていたようです。
そういった祭礼的意味から、裕福な武家子女など、地位の高い家柄の女性の嫁入り道具にもなっていきました。
その為、自然と華美になり、現在のような贅沢で荘厳な、ひな人形となったのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真