マトリョーシカ人形【ロシアの民芸品】 (Матрёшкаマトリョーシュカ、Matryoshka doll)

| コメント(0) | トラックバック(0)
マトリョーシカ人形(Матрёшкаマトリョーシュカ、Matryoshka doll)は、ロシアの代表的な民芸品の人形のこと。マトリョーシカという名前はロシア女性の名前、マトリョーナ(Matryona)の愛称からきています。
胴体の部分で上下に分割でき、一番外側のおおきな女の人の人形のなかに次々と小さな女の子の人形がはいっている。これがつぎつぎと繰り返され、入れ子構造になっていいます。

マトリョーシカはどことなくアジア人女の子のような絵柄でもあり、マトリョーシカの起源には、原型は日本の箱根の入れ子人形だ という説もあもありますから、東洋的な顔になったのかもしれませんね。

マトリョーシカ画像

マトリョーシカ

1900年のパリ万国博覧会で銅メダルをとったことで、マトリョーシカロシアの民芸品として世界的に有名になり、ロシア各地で様々なマトリョーシカが作られるようになったようです。

ちなみにマトリョーシカの ルーツは、19世紀末ごろに日本の箱根にあった教会の避暑館にやってきたロシアの修道士が、土産に持ち帰った箱根細工の入れ子人形(こけし・だるま・七福 神)が、マトリョーシカのもとになったとか、1890年代半ば、ロシアのマーモントフ夫人と画家マリューチンと、ろくろ師 ズビョズドチキンによって、モスクワの工房で制作された、とか言う説があるようですが、いづれもそれほど古い話ではないようです。

マトリョーシカ人形は女性が描かれているのが本来のものですが、現在では大統領など有名人が描かれたもの、動物や絵柄など人間以外のものが描かれたものなど各種あるみたいですね

マトリョーシカ画像


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真