「一刀彫り」とはどういう意味?

| コメント(0) | トラックバック(0)
「一刀彫り」(いっとうぼり)は、日本の木彫の技法の一つで、一本の刃物で彫った彫刻、彫り物のこと、またはその技術のことを指しています。
荒彫の状態で、細部にこだわらずに、おおざっぱに形をまとめたような状態で完成となるため、一刀で刻んだかのように見えるものなども一刀彫といっている。
山形県の「笹野一刀彫り」「お鷹ぽっぽ」飛騨高山の「 一位一刀彫」などが有名です。どちらも現在にも受け継がれ、その土地の特産物、お土産などになっております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真