「三春の張子」張り子の虎(福島県の民芸品)

| コメント(0) | トラックバック(0)
「三春の張子」(みはるのはりこ)
日本の郷土玩具として人気を集めてる三春の張子。天狗、恵比須、大黒、お多福、ダルマ、舞人形・・木型に和紙を貼り重ねていくという伝統的な手法 を使い、風俗もの、数多くの種類が作られました。
三春の張子は一瞬の動きを捉えた形の姿、生き生きとした目の表情など、独特な個性を持っています。
三春は、伊達政宗正室の愛姫の生家、三春城主田村家が治めていた土地。田村家の四天王の一人で、橋本刑部という武将の一族が帰農し、土を原料に作られる仙台の堤人形の技法をまね、和紙で張子の面や人形の製作を始めたのが起源といわれている。

IMGP0031.JPG
写真の画像は「三春人形 張り子の虎」正面

IMGP0033.JPG

IMGP0032.JPG
写真:「三春人形 張り子の虎」後画像

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://folkcraft.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

サイトマップ

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

アイテム

  • 熊の人形
  • 和傘の写真
  • うずら車
  • 津軽凧
  • 玉兎
  • さがらにんぎょう 相楽人形
  • 相楽人形
  • しそ人形
  • 大内雛人形
  • のぼり猿の写真